<$BlogTitle ESCAPE$>

Chaotic・Laboratory(゚Д゚)

RSS

物欲まみれ高専生の現在進行形黒歴史日記。通称「顔チク研究所」。

| PAGE→ |

TOP > CATEGORY - 学習・勉強

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

第31回ホンダエコマイレッジチャレンジ

おしさしぶりでし。
書き忘れていた近況としては、教習所は区画整理による休校期間ギリギリで卒業して、いつ試験場に行こっかなー!って感じです。




最近はずっとエコラン部の活動で午前帰りを続けていました。
夏休みは教習所漬けで迷惑をおかけしたので、老化による体力低下に負けじと頑張りました。



終電の時もありましたが、去年のように歩く羽目にはならずに済みました(笑)
あれから一年とか信じられねえ・・・





↑私物としてウオタニのイグニッションコイルとタコメーターを購入して、一時的に提供しました。YBより先にこっちに使うとは・・・w


そして金曜日から出発!でした。

今年のパドック。


暖気場。


期待の一年生。


記録は42◯km/l(ど忘れ)、今の車体なら妥当な数値ですかね。

来年の大会はなんと9月15日。
今年のフレームはちょっといろいろあって今年で終わりなので、年度内には新車を走らせたいですね。

参戦体制や活動進行の方針、車体の改良に関しては、部員・顧問含め各々にいろいろ意見の相違があるようなので、それをいかに擦り合わせるかも課題でしょうか。
それともさっさと辞めて趣味で一台頑張るか?(笑)


とにかく、今の状態を見ると、熱効率の向上よりもフリクションロスもとい、各部の抵抗の低減を目指すべきなのは明らかで、そこをどうしてやれるかにかかってます。


ロスが変わらなければ、発生させたエネルギーから差っ引かれるエネルギーは変わらないわけで、いくら燃料を薄くしたところで駆動力として取り出せるエネルギーが減るだけです。
そうするとエンジンの起動時間が増えて、その時間分のメカニカルロスを余計に捨てているだけに。

(もちろん、同じエネルギーが取り出せるようにして、その分燃料を絞る。ってのは別の話。)

ドグクラッチ的なアレをアレしたいですね!


まぁ今後の話はさておき、帰宅して仮眠したらエコラン夜の部!温泉からのアキバだぜ!みんな頭おかしい!
僕はアキバで離脱してバイトです。あーシニタイなぁ!(最高に爽やかな笑顔で
スポンサーサイト
| 19:19 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Hello!!Maxwell's demon :)

“世界初「情報をエネルギーへ変換することに成功」理工学部教授 宗行 英朗と助教 鳥谷部 祥一が記者会見を行いました”
http://www.chuo-u.ac.jp/chuo-u/news/contents_j.html?suffix=k&mode=top&topics=12513
(中央大学の発表)

http://www.nature.com/nphys/journal/vaop/ncurrent/abs/nphys1821.html
(natureに掲載された記事)

http://www.chuo-u.ac.jp/chuo-u/pressrelease_files/kouho_926d762ef5d729c7544d1276739468c5_1289788403.pdf
(↑発表内容の詳細、PDF注意。今回の一般向けにわかりやすいので凄く面白い)

http://blog.livedoor.jp/booq/archives/1343945.html
(2ちゃんスレまとめ)



マクスウェルの悪魔が実現したらしい。
(マクスウェルの悪魔を知らないなら
http://ja.wikipedia.org/wiki/マクスウェルの悪魔
でも読むと良いと思うよ)

熱力学を学ぶときはもちろん、エントロピーについての話題で引き合いに出されるマクスウェルの悪魔さん。
中学一年生の時に担任だった理科の先生と語らったのは懐かしいおもひで。
(だいぶ昔のことだから自信がないんだけど、本とかだとマクスウェルの悪魔って熱力学より量子論とかCP対称性云々の話での方が多く見た気がする。)


マクスウェルさんが考えた仮想実験は、
容器を仕切って、動きの速い分子 を一方に、 動きの遅い分子 をもう一方にだけ通過させる穴(窓)とそれを制御する存在を想定する。
この存在を認めると、均一な温度の気体から温度差が生み出せる、すなわちエントロピーが減少するということで、熱力学第二法則と矛盾する。
その存在が長らく科学者を悩ませる“悪魔”というわけ。

で、まぁPDFの発表資料が一目瞭然でわかりやすくて面白い感じなので見て貰えばここに書く事なんて無いに等しいんだけど、螺旋階段の解釈はわかりやすいねー。


そしてこの実験はその悪魔の振る舞いを実際に作り出せた!っていうことであって、エントロピー云々の話では無い(明らかにエントロピーは増大している)ということ。



今回何が面白いかと言えば、やっぱり実際の実験方法。

やっていること自体はわかるんだけど、プラスチック粒子をガラスに付着させると回転ブラウン運動するのかーって辺りがあまりわかってなかった。
あとここでいう“壁を置く”作業に当たるのが“ポテンシャルをスイッチさせる”って言われてもなぁw
高周波の交流電流を加えてるってことはプラスとマイナスをスイッチさせてるっぽいけどその辺が全然書いてないしわからない・・・。

まぁ測定した情報を用いてエネルギーを発生させることが出来たってことは凄いことだと思うし、発表資料に「新規のナノデバイス」と書いてはあるものの実用面が想像付かないからこそ、今後どう利用されるかが気になりますねー。



ねむくて文章がわけわからなくなってきた・・・とにかくリンク先は必見ですね。


P.S.
マクスウェルさんが考えた容器を仕切る実験って、統計力学の揚げ足取り(という表現が正しいかはわからないけど)として、ここの分子について考えるとこういう矛盾が出てくるよって考えられただけなんだねー。
ようやく今物理で熱力学、まさに気体分子の統計力学をやってるところだから面白いね。


というかこれを書いてて、小中学生の頃に熱力学とか量子力学とかいろいろかじりすぎだろって思った。でもあの頃の方が興味を持ったものに集中出来たし柔軟に覚えてた、もう脳の働きのピークはとっくに過ぎちゃったのかと思うと悲しい。
| 01:48 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

勉強中の音楽を考えてみる!

本やサイトの‘勉強のコツ’的な情報の中に、
「勉強中に音楽は聴いて良いのかどうか」
という話題をよく目にする。

もちろん、最初から
「勉強中に音楽は聴かないだろ、常識的に考えてw」
という人は別に良い。

しかし、しかしだ。
家にいれば、どんな方法であれ音楽再生環境くらいはあるはず。
音楽の一つや二つ聴きたいよ、やっぱり。


‘勉強中に音楽は聴いて良いのかどうか’
の結論については、多くが
「聴かない方が良い。どうしてもというならクラシック(集中力を高める効果があるとかないとか)
としている。


う~ん...なんとも納得がいかないなぁ。


まず、音楽が聴きたい理由はなんだろうか。
テレビ、ゲーム、パソコン、携帯...など、家の中にはさまざまな誘惑が
「おいでおいで♪」
と、ニヤニヤしながらこっちを見ているはず。
そんな中で、唯一妥協するのであれば、手も目も奪わない‘音楽’がいくらかマシなはずである。

次に、精神的な面も非常に重要。
「集中力を高めるのでクラシックを聴きましょう」
などの紹介は、この部分について述べている。

また、一人で無音空間にいると、‘時間の流れ’があいまいになり、
いくらでもボケーっと出来てしまう。
タイムキーパーとしての音楽も忘れてはイケナイ。


【曲選びのポイント】
上記を踏まえ、「音楽は聴く」という方向で話を進めます。

・歌が入っていない曲がオススメ!
人によってはこれで一気に選択肢が無くなってしまうかもw
ただ、脳の働きとして
「言葉はとりあえず聞き取ろうとする」
ので歌が入っている曲は避けたい。
歌が気にならないくらい集中できる人は、そもそも音楽を聴かなくても良い人なはずですしw

いつしか一緒になって歌い始め、そっちに集中していることもしばしば・・・。
↑よくやっちゃうのwwwみんな気をつけてwww

※つまり、歌を意識してしまってはいけないということです。

・精神的効果を生かす!
誰の研究かは知りませんが、
「クラシックには集中力を高める効果があります」
なんてチャンチャラおかしいわw

・・・つまり、‘自分にとって’効果がある音楽で結構。ということ。
「この曲はテンション上がる!」
「やる気が湧いてくる~!!」
「癒される~」
など、あくまでも自分の感想で判断しましょう。
好みや個人的な思い入れは人それぞれですから。
(その結果がクラシックなら良いんです。オレにとっては子守唄なんですw)



【例)僕の場合】
・エースコンバットのサウンドトラック
※戦闘機のシューティングアクションゲームのBGM
テンションMAXです!問題を見ると

「ガルム1、ケアレスミスに注意し作戦を遂行せよ」
「わかってる。各機、交戦に備え迎撃態勢をとれ!」
「来たな。二次方程式を捕捉、交戦に移るっ」


・・・などと、痛い人になってしまいますが(笑
勉強の楽しさは10倍にも20倍にもなります。

・TRUTH(トゥルース)
※F1グランプリのテーマ曲として使われた、運動会でもおなじみのアレ。
スロットル全開♪脳内レーサーに早変わり(爆
宿題するときに聴くと進み方が1.5倍速くらいになりますw





つまり、上手に活用したもん勝ちってことです。
| 16:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【テスト寸前】正しい勉強とは何なのか【勉強法】

勉強の仕方に正しいとか、間違っているとかはないと思う。思うんだけどね。
時と場合を的確に判断出来ていない人が多いのも事実。

今日は、「テスト寸前対策編」ってことで。

勉強法なんて、それこそ人それぞれですが、
「何すりゃいいんだウワァー」もしくは
「メンドクサ・・・・」な人へ。

【これはダメ!】
・よく、教科書本文やプリント、問題集の内容を文章ごとキレ~イ
まとめようとする人がいますね?
時間ばっかり消費する上に、一回書いたので「何となく覚えた気分」になるのですが、
内容の‘意味’はあまり理解できていなかったりします。

・また、上記のようなことをしようとした場合、やる気のない人にはメンドクサイことこの上ない。
1~2行書いてやめてしまうこともしばしば。


【するべき勉強】
・まず最初は教科書を開きましょう。
(教科によりノート・プリント・問題集を用意してね♪)

そしてまず音読しよう。声に出すこと、最悪くちパクでも良いと思います。

最終的には、「誰かに勉強を教えるかのように」‘解説’できるようにしましょう。
‘先生になった気分’これが重要です。

最初は本当に理解できている必要などありません

教科書なりノートなり、問題集の解説なんかを読んでも良いです。

‘自分’という生徒に話しかけるように
「○○は、××だから△△なんですねぇ~」
などと、テキトーに偉そうな口調で話せば良いです。

数学の問題を解き間違えた場合なども、
答えを見ながら
「○○のときは××だよね、あ~やっぱり△△でミスってる。
そういうときは□□しなきゃ~」
突っ込みを入れれば効率は飛躍的に上昇するはずです。


・字の練習も例外ではありませんひたすら書きまくるのは‘効果的’ではありますが、
‘最適’
ではありません。

間違えそうな部分を探して
「ここははみ出ちゃダメだぞ!?わかってるな?」
などと言いながらやりましょう。


【覚えておいて欲しいこと】
・効率が一番、時間は大切に♪
・口に出し、耳で聞く。というのは非常に効果的だということ。
・「勉強」というのは‘わからないことを無くすこと’であって、中身の理屈を覚えるのが最優先(そこで上記の解説戦法!)

あ、あとコーヒー飲もうぜ♪(お茶でも良いですけどw)

こんな感じでおk。なんです。
しかも、人に解説できるようにまでなるかもしれないんですね♪


どうでしょう・・・そんなに的外れなことは述べていないと思うのですが・・・?

関連記事
【テスト勉強】背に腹は変えられないy=ax^2
| 19:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【テスト勉強】背に腹は変えられないy=ax^2

y=ax^2 のグラフの a の値を求める方法。

※記号の^は、英語ではキャレットと呼び、累乗を示す記号として使用されます。
  ↑知らない人がいるんだよね・・・知っておいてYOこのくらいw

例題。
y=ax^2 のグラフがあります。
この関数は、xの値が -1 から 3 まで増加するときの変化の割合が3です。
このとき、a の値を求めなさい。

【本来すべき計算】
通常、変化の割合は x の増加量分の y の増加量で表されるので

、xは -1 から 3 まで 4増加。

yの値は、y=ax^2 の x に -1 と 3 を代入し、
X=-1 のとき a ,x=3 のとき 9a  とし、

、y は a から 9a まで 8a 増加。

より、4分の8a=3 ←(4分の8aが3になりますよ。という方程式。)
2a=3、
a=2分の3

【テストで出てきたら】
a(-1+3)=3
という方程式を作り、
2a=3
a=2分の3


一般化すると、
x が p から q まで増加するときの変化の割合が c の場合、 a の値は
a(p+q)=c
・・・を a について解く。


※「変化の割合を求めなさい」の場合、
a(p+q)
だけで求められるわけ。





これで少しは時間稼ぎできるかなぁ?www
| 16:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【スピーチ原稿】せっかくだから うp!

クラスでスピーチしたという先のエントリー。
【上手に仮眠をとるポイント】
テキスト形式で作ったものなので(;´∀`)うp



続きを読む

| 03:21 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE→ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。