<$BlogTitle ESCAPE$>

Chaotic・Laboratory(゚Д゚)

RSS

高専生の黒歴史日記、今はおじさんの独り言。通称「顔チク研究所」(何かを研究しているとは言ってない)

2013年01月 | PAGE→ | 2013年03月

TOP > ARCHIVE - 2013年02月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

SAMYANG 7.5mm F3.5 Fish eyeを買ったよ!


おやおやこれはなんでしょうかねー

--------------------------------


X5の超広角レンズを検討していた時に知った、韓国のSAMYANGというメーカー。
ラインナップは全てフルマニュアルのレンズでありながらも、光学系、すなわち画質は素晴らしいという評価。
そして余計な機械を積んでない分安い。

結局超広角レンズは、トキナーのATX-124、買い替えもATX-116を選んだので、実際にサムヤンに手を出すのはこれが初めてです。

魚眼レンズに関しては、APS-C用の8mm F3.5 Fish eyeと、マイクロフォーサーズ用7.5mm F3.5 Fish eyeがあります。


魚眼での表現に挑戦したかったのですが、魚眼となると少なくとも常用はしないだろうし、画質云々って議論をするような使い方はしないだろう、ということでE-PL3用を買うことに。

ちなみに上記の二種はどちらも新品実売価格が29800円と破格なのですが、僕は中古容認派ですし電動機構も無いレンズなので、某オークションで物色。2万円弱で購入。


では早速



ででん!



E-PL3にドーン!


レンズ本体は金属製で、大変良いつくりです。最近は良いレンズこそエンジニアリングプラスチック等で出来ていますので、大変感動的です。
ピントリングは抵抗があり、滑らか。
絞りのリングは硬すぎないクリック感があり、心地よいです。


景色を撮るのが主であるこのレンズの性質上、フルマニュアルであること自体はあまり気になりません。

ピントは、7.5mmの焦点距離なので液晶を見ながら大体合わせれば大体あってますし、光量が十分なら適当に絞ればパンフォーカス。
拡大プレビュー機能を使えば追い込むのも別に苦はなく。


結果的に、マイクロフォーサーズ用で正解でした。
X5で本筋の撮影をしながら遊んだり出来るので、サブがサブとして活きる感じです。


これからは魚眼な構図も勉強です!
長くなってしまいましたので実写編はまたあとで(´・∀・`)
スポンサーサイト
| 21:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

雪ミクストラップ!



iPod touch Loopのところに無理やり引っ掛けました。
かわいいー。


かわいい。


うん、かわいいー。


本当はねんどろいどとかも欲しいけど、こうやって常に身につけられるアイテムの方が好きですね。
| 11:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

CP+ 2013に行ったよ!



電車内の広告でCP+という、カメラや映像機器の展示イベントがパシフィコ横浜で開催されることを初めて知り、最近一眼レフデビューしたクラスメイトの友人とゴリキャピデートで見てきました。
簡単な事前登録で入場料の1000円が無料でした。良いイベントですね!


事前に、OLYMPUSのブースではOLYMPUS製カメラ持参でミニストラップを限定数プレゼント!とは聞いていたのですが、ブースの場所や混み具合が心配でした。しかしいざ入場すると目の前がOLYMPUS。無用な心配でした。



レンズが交換式なのがミソですね♪
今はE-PL3のストラップに付けてます。




このイベントでは、新商品や開発品の展示だけでなく、各社とも写真や画像、カメラなレンズについて講演や参加型講義、トークショーを用意しているのも特徴です。僕達はリコーのブースでGR DIGITAL Ⅳの宣伝を兼ねた、星の流れる星景の撮り方という話を拝聴いたしました。



流れるのもいいけど、今は赤道儀が欲しいですね。これは小型カメラ用の参考出品のもの。露出時間を撮れるから、E-PL3で星空ってのも良いですね。

まぁ無理を承知でX5乗せても問題はなさそうですが(金欠マンの考え




PENTAX Q10にアダプタ噛ませて望遠レンズ。ってのが展示されていました。
センサーサイズ的にQやQ10は焦点距離5.5倍換算になるとのことで、こういう遊び方は必ずしもマニアックというわけではなく、カメラの魅力を別視点で活かしてくださいと、メーカーも考えているんだなぁと思いました。




個人的に気になっていた、カールツァイスレンズ全ぶった切り展示。
切るならくれ!

いつか白、いつかツァイス・・・いやいやいや。




そしてちょっと周辺をおさんぽ。
ロマンチックな観覧車も、僕は機械的構造物としてわくわくしてしまいます。


CP+は他にもサムヤンや個性的なレンズばかりのトキナー、お世話になりっぱなしのシグマさんなど、とにかく盛りだくさんでしたがここでは割愛。来年も行きたいけどテストと被ってるよなぁ。まぁそんなに必死にテストも受けないだろうからいいのだけど(笑)
| 17:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

iPhone7 を 手に入れた



見ての通り、早速パズドラで遊んでます。




電車でこれやってたらどんな目で見られるのか気になる。
| 07:10 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Tree & Moon.


↑SIGMA18-250のテレ端。
登校しようと玄関を出たらなんだか幻想的だったので最上階へ寄り道。
手軽にレンズ一本で持ち出した時も、チャンスは逃しません。それを考えれば、この画質なら間違っても不満など抱きません。




Pier.


じてんしゃ。

僕は基本的にガジェットとしてカメラが好きなタイプで、自分のスキルにかかわらず、機能、性能、所有感、シャッターの感触、スマフォやコンデジとは比較にならない感動的な画質の優位性でデジイチを楽しんでいます。
何気無い日常でも、友人との思い出でも、富士を疾走するHSV-010でも、カメラを向けてシャッターを切ればとりあえず綺麗に保存できます。


そこに投入したオリンパスのE-PL3は、
撮影は簡単です。でも簡単なようで難しい。
単純な物を単純に撮ったらX5の方が画質は良いし、描写が悪くなるのでISOも上げられません。レンズも限られています。
でも振り回すのは簡単です。

だから構図やカメラの位置、少しでも画質が良くなる設定...
被写体をより魅力的に、あるいは面白く...
撮影するということを考えさせてくれます。

まだまだ技術というよりはセンス任せだし、その肝心のセンスが残念だとは思いますけど、楽しんでいます。

もちろんそこで得た物はX5での撮影にフィードバックしたいですね。


なんてそれっぽい能書きを垂れつつも、とにかくドラマチックトーンで遊びたくてオリンパスにしたので、馬鹿の一つ覚えみたいにドラマチックトーンで遊んでます。マジなに撮ってもかっけえ^q^
(下二枚はドラマチックトーンです)
| 08:44 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

2013年01月 | PAGE→ | 2013年03月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。