<$BlogTitle ESCAPE$>

Chaotic・Laboratory(゚Д゚)

RSS

物欲まみれ高専生の現在進行形黒歴史日記。通称「顔チク研究所」。

2013年02月 | PAGE→ | 2013年04月

TOP > ARCHIVE - 2013年03月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ゼンハイザーのヘッドホン、MOMENTUMを衝動買いしました



SONYのPHA-1を手にいれポータブル環境としてはまず理想的でこれ以上はない上流を手にいれました。

ということで、今まで直挿しで試聴して「これは違うな」と思っていたイヤホン・ヘッドホンも化けるかもしれない!ということでいろいろと試聴しに行きました。

結局、好みに響くのは「鳴り方」であって、その傾向はポタアンでむしろ増幅され、好みなモノはより好みに、イマイチと感じるモノはよりイマイチになるのみとわかりました。


そんな中、まずデザインで惹かれたゼンハイザーのMOMENTUMを試聴。
これがヤバかった。
低音は量としては控えめながらも芯があり、タイトな鳴らし方もわきまえている。
高音は綺麗で伸びやか、積極的に出ているが刺さらない(これ重要!)。
今まで低音厨でしたがこれには一発KO。
PHA-1のせいで金欠状態だったため、給料日を待ちに待って購入しました!
後から出たブラックバージョンです!赤のアクセントがイイ!


iPodリモコンが付いたケーブルは便利ですが、アンプを通すと使えないのが玉に瑕です。ノーマルケーブルも付属していますが、直挿しも想定してしばらくはリモコン付きにしておきます。

リモコン付きケーブルからもわかるように、直挿しでも楽しめるように設計されています。高能率で元気に鳴るので驚きです。
しかしPHA-1で聴くと、さらに情報量が付加されて、程よく音場も広がります。

IE80ではパシャっと潰れていたようなドラムの音もしっかりその原形を再生してくれます。やっぱりイヤホンじゃ限界があるんですねぇ。

個人的にはACE COMBAT ZEROのサントラの「ZERO」を聴いて感動しました。
ダイナミックなオーケストラ音楽、フラメンコカスタネットの響き、甲高く伸びる女声と力強く響く男声、録音の質からも信頼できるのでベンチマーク曲の一つとしていますが、すべての要素に破綻がなく綺麗に、立体的に、ダイナミックに鳴らしてくれました。

ちなみにIE800は巷での評判は良いですが、かなり高音域の一部が不自然に突出していて、この曲だとカスタネットが不必要に金属的な音になっていました。これならIE80の方がよっぽど優等生だと思うんだけどなぁ。


さて、これでイヤホン・ヘッドホン共にひとまず理想に到達したのかな。
イヤホンのIE80はこれ以上好みに合うモノはありませんし、ヘッドホンのK518DJも一つの着地点で、迫力の低音と弦楽器の生々しさはMOMENTUMに取って代わられるようなものじゃないと思います。まだまだ使って行きたいですね。

最近は耳がひたすら幸せです꒰ෆ❛ั ु▿❛ั ु꒱
スポンサーサイト
| 04:12 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

SONYのポタアン、PHA-1を衝動買いしました



そういえば雪ミクの画像で写ってたね!
というわけで、学年末テストが始まってすぐ、勉強の景気付けという感じで(?)SONYのPHA-1をポチりました。

約一ヶ月使ってみたので、レビュー的な。

●概要
まSONYのPHA-1は、最近流行りなポータブルヘッドホンアンプ市場にSONYが初めてぶっこんできた製品です。
大きな特徴はDACを搭載しており、デジタル入力ができる点。
iPhone5や第5世代iPod touchでLightningケーブル化に伴いアナログで音声の出力が出来なくなりました。
よって、今までアンプ機能しかないポタアンを使っていた場合、イヤホン端子からアンプへ接続するしかなくなり、D/A変換はおろか、本体内のアンプを通った後の音を更にアンプでいじくりまわす本末転倒なことしかできなくなってしまいました。
しかしこのPHA-1なら、旧世代iPhone・iPodはもちろん、Lightningからデジタル音声データを受け取り、D/A変換の部分からこいつが音を作ります。
僕もiPod touch 5thに買い替え、持っているアンプはiBassoのA02でしたので、まさにPHA-1が必要だったというわけです。

●良いところ
まず、超かっこいい!
あと、付属のシリコンバンドが頭良くてスマート。
機能面で便利だなと思うのは、USB DAC機能です。
これは、PCとPHA-1をUSB接続した時にPHA-1のDACとアンプで音声を出力できる機能です。
同じような性格の製品にFostexのHP-P1がありますが、こちらはD/A変換後にアナログや光での出力機能を備えている反面、このUSB DAC機能はありません。

今自宅ではThinkPadが据え置き機のようになっているので、iPod用に買ったPHA-1で、PCの音質改善も達成できてしまいました。
(すでに自宅のオーディオ環境が整っているのならあまりありがたみはないでしょう。)

●悪いところ
DACを使った時の再生時間が公称4~5時間という点。
しかし、学校なりバイト先なりへの往復時間+αはあるし、USB DAC機能があるので家に帰ったらPCに接続する!という習慣が作られ、次の日までには充電が完了するため実用上の問題はなし。

●音
くせがなく、程よくキラキラっとします。
純粋に音の質をワンランク上にしてくれて、情報量が増える。といったかんじでしょうか。
僕が好んで使っているK518DJやIE80は低音が豊かで暖かみのある音が特徴なので、安価なアンプにありがちな「低音低音!どんどこどん!」みたいな味付けをされると最低なのですが、PHA-1と合わせるとまったりとしていた低音に程よいアタック感が出て来て、K518DJでは特に高音側の伸びに驚きました。

しかしiPod touch 5thに直接繋いで聴いた時との最大の違いは、音質というよりも音の広がりや空間の表現かもしれません。
例えばIE80の場合はポテンシャルが高く、鳴らしにくいわけでもないイヤホンなので、正直直挿しでもあまり音に不満はありませんが、PHA-1と合わせると空間が広がり音がスカッと響きます。鳴り方が立体的で音の分離も程よく、とにかく気持ちが良いです。
直挿しにもどすと、途端に平面的に感じます。


●相性は大事
結果としてPHA-1はK518DJとIE80の弱点を上手く補い、全体のレベルを上げてくれて、僕には大正解でした。
逆にいえば、BAドライバのイヤホンなんかには合いません。僕も実際にいろいろ試聴しに行きましたが、元々立ち上がりに優れていて音もキラキラしてるBAイヤホンと本機を組み合わせても、音の重みや迫力という点でどうしても物足りなく、あまり変化も感じられません。

とはいえBAドライバが気に入らない僕だからそう感じたのかもしれません。
オーディオはあくまでも自分の感性と好みで楽しみましょう。
| 03:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

SAMYANG 7.5mm F3.5 Fish eyeで撮ってみた


くれーんしゃ


近所じゃ 迫力不足。微妙。


しながわえきー


三番線


くれーんしゃ かっこいいい(自画自賛)
魚眼は確固たる意図のもと使わないとつまらないけど、センスある使い方なんてなかなか出来るもんじゃなさそうですね。アドバイスお待ちしています!(´・∀・`)
| 22:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2013年02月 | PAGE→ | 2013年04月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。