<$BlogTitle ESCAPE$>

Chaotic・Laboratory(゚Д゚)

RSS

高専生の黒歴史日記、今はおじさんの独り言。通称「顔チク研究所」(何かを研究しているとは言ってない)

PREV | 前後の記事 | NEXT

TOP > スポンサー広告 >『ホンダ、F1活動からの撤退』に思うこと。TOP > 日記 >『ホンダ、F1活動からの撤退』に思うこと。

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑
前後の記事

≫ EDIT

『ホンダ、F1活動からの撤退』に思うこと。

ホンダがF1から撤退することが決定いたしました。

ニュース記事は多数ですので、詳細をご覧になりたい方はコチラから。
ホンダF1撤退 - Google検索

ホンダの公式プレスリリース
F1レース活動について


・・・率直に述べれば残念です。
ただ、残念なポイントは別にあるわけです。

それは、自動車業界全体の不況、この一点に尽きます。

公式プレスリリースにもある通り、今回のF1撤退は経済的に厳しくなったための決断です。
今年はチーム代表にロス・ブラウン氏を据え、
なかなか結果の残せないチームの改善を進めている真っ最中でした。
また、来年からマシンにKERS(運動エネルギー回生システム)が搭載されます。
これは、ブレーキング時にリアタイヤからエネルギーを回収し、加速等で活かそうという技術。
BMWでは感電事故が起こるなど、その開発は容易では無いようですが、ホンダは順調に開発を進め、自信も見せていました。
このことから、かなり急な決定だったことが伺えます。


自動車業界の不況は悪化の一途をたどるばかりですね。
経済には疎い僕でさえ、事態の深刻さはわかります。

アメリカはもちろん。日本国内の経営不振も拡大してます。
父は自動車の輸送会社で働いているのですが、とにかく仕事が減って大変だそうです。

このような状況の中で、年に500億、600億円も掛かると言われているF1活動を休止するのは、
賢明な判断だと言わざるを得ません。

ホンダも「5年後を見て欲しい」と述べており、
是非とも素晴らしい技術、素晴らしい自動車を開発してほしい限りです。

モータースポーツという点では、伝統ある二輪の方はしっかりと続けるようで、
僕はあまり詳しくない分野ですが応援しています。
SuperGTも注目すべきです。来年から大幅なレギュレーション変更があり、
FR車しか参加できなくなるため、NSXは今年限りの走行。来年はどうするのか・・・?
インディカーのエンジンもホンダなんですよね。・・・余談ですけどw


・・・あぁ今度はトヨタが心配でたまりません(´・ω・`)
関連記事
| 04:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑
前後の記事

COMMENT















←他の人には見せない

TRACKBACK URL

http://chaoticroom.blog94.fc2.com/tb.php/222-b5b40e5e

TRACKBACK

PREV | 前後の記事 | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。