<$BlogTitle ESCAPE$>

Chaotic・Laboratory(゚Д゚)

RSS

高専生の黒歴史日記、今はおじさんの独り言。通称「顔チク研究所」(何かを研究しているとは言ってない)

PREV | 前後の記事 | NEXT

TOP > スポンサー広告 >植田酪農機工業株式会社の宣伝はともかく何書こうとしたか忘れたwTOP > 日記 >植田酪農機工業株式会社の宣伝はともかく何書こうとしたか忘れたw

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑
前後の記事

≫ EDIT

植田酪農機工業株式会社の宣伝はともかく何書こうとしたか忘れたw

そういう日もある。

お前は風邪に包囲されている!

なんと、僕以外の家族全員が風邪だそうで、熱があるとかないとか。
一番体が弱いのは僕なんですけどね。
この前一気に死にそうになってから、コーヒーでごまかしているうちに快調そのもの。

しかしまぁ、もうすぐ受験なんだけど・・・きっと2日前とかに体調崩すんですね、わかりますwww


【職場体験】青いベンチに座ってコーヒーを飲む思い出

僕の学校は、2年生のときに職場体験というものをやるんですよ。

コンビニとか幼稚園とかいろいろに分かれて。
江戸川区は昔から中小企業が多いという特色もありますしね。

生徒が希望出来るのはジャンルまでで、第一希望、第二希望・・・と選び、先生方がせっせと配分する。
僕は迷わず自動車系を第一希望に選び、機械系、販売(スーパー等)と続けた。

第三希望はおまけ程度だし、もし回ってきてもさすがに重労働ではないだろうと思ったので選択した。
コミニュケーションも得意なので丁度よかった。



案の定第一希望は通らなかった。しかし、フタを開けてみれば自動車関係は小さい廃れた近所の自動車整備工場やガソリンスタンドだった。
大手メーカーの整備工場やディーラーが協力してくれることは無いだろうとは思っていたが、さすがに笑った。正直、選ばれなくてよかった。


―― 学校としてみれば、実際に働くということを体験させるのが目的であり、生徒に何かを期待しているわけではない。
その生徒だって、“なるべく楽なら良い”くらいにしか考えていない者も少なくなかった。


“どうせやるからには何か自分にとって身になるものが良い”
そう考えていた僕には機械系から「植田酪農機工業株式会社」が割り当てられた。
人数はなんと2人、珍しくは無かったが最低人数だった。


相方になったのは去年クラスメイトだった、小汚くて髪の長い、BUMPが好きな点では気の合うアニオタだった。
仲は良くもなく、悪くもなかった。こちらがイラッと来ることの多い奴だったが、無難でよかった。



代表者に電話をする瞬間が一番緊張した。
班長となった人間は、放課後に集まり順番に電話をし、職場体験前の“通勤の予行練習を兼ねた打ち合わせ”のアポを取る。ちなみに僕は当然のごとく班長になった、まぁ当然なんだけど。


特に準備というものは無かった。学校ではマナーや心構え、連絡先や一日の流れなど、さまざまな確認作業はあったものの、準備は万端整っていた。


時期は冬。風通し抜群の鮮やかな水色のダサい学校指定ジャージの下は半そでの体育着一枚のみ。
当然寒かった。買い食い等は一応禁止だったが、ある程度家から離れていることもあり、職場近くのアニオタとの待ち合わせ付近のコンビニに立てこもっていた。
アニオタはPSPで音楽を聴きながらやってきた。時間には相当の余裕がある。
さすがにいつまでもコンビニにいるわけにはいかないので、近くの公園へ。


アニオタもコーヒー中毒者だったため、一緒に販売機でコーヒーを買う。あちい。
ベンチが偶然青かった、「おぉ!青いベンチに座ってコーヒー飲んでるぞwww」などとくだらない理由で二人のテンションは最高潮に達する(笑)


隣のバカはエヴァのカード付きのお菓子を買ったらしい。
綾波レイ一本狙いのアニオタから惣流・アスカ・ラングレー のカードを押し付けられる。
まぁいいか、実は好k(ry




その「植田酪農機工業株式会社」は、充填機の製造を行っている。
学校で植田酪農機工業に決まったと聞いたときは、畑仕事用の機械でも作っているのかと想像してしまったが、打ち合わせのときに実際に赴き、感動した。

充填機というのは名前の通り、容器に何かを充填する機械である。
牛乳、ヨーグルト、プリン、豆腐、ゼリー・・・種類を挙げればキリが無いほど。
実際には、作りながら充填、シーリングもする高性能な装置が主力商品で、さまざまな大手メーカーの工場の第一線で活躍しているような機械。

会社の宣伝用ビデオを見たが、四国化工機グループに属していて、世界中でかなりのシェアを占めているらしい。
江戸川区の片隅、数千万円の機械を製造しているにしては小ぢんまりとしすぎだが、すごい会社だった。


期間は一週間あったが、実際に間近で見れたのは最後の方、雪印の件もあり、衛生面に関しては最初から最後まで気を使うように言われた。

実際に何をしたかといえば、小型充填機を宛がわれ、組み立て・分解清掃、操作や、実際に充填(テスト用の着色小麦粉水だが)もした、実際に大型の機械を製造・整備している区画とは別の場所で。

金属加工もちょこっとやったが、手作業でちまちまとやる方、業務用の機械を使ってみたいというのが本音だが、基本を踏まえた上でこそ扱えるものだし、いずれにせよ子供に触らせるようなものじゃない。
他の職場とは違い、手伝いにならなかったのはちょっと申し訳ないと思った。
ずっと面倒を見てくれた、“いかにも”なおじ(い)さんはかなりいい味を出している。

結局は小型充填機で遊んでいたような職場体験になってしまった。
将来、選択肢の一つとしてここで働くのも悪くない。



・・・と、ここまで書いたは良いんだけど、結局何が書きたかったのか忘れたwww
オチが無いとは如何なものかとw
まぁ、突然昔の話を始めるおじいちゃん的なアレですよ、うん。きっとそうw
とりあえず植田酪農機工業の宣伝になったと思えば本望です。

↓植田酪農機工業のストリートビュー。ハイテクじゃのう、すごい時代になったもんだ。

大きな地図で見る

こちらが裏側。右が工場スペース。

大きな地図で見る

↓新機能です。みやすい?




・・・ホントになんでこんなエントリーを突然・・・???
関連記事
| 19:12 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑
前後の記事

COMMENT

僕はカフェインに対して万能の神的な思い込みをしてるので負けません(`・ω・´)
・・・たまに負けますが。

というか妹の熱が39度あるのでインフルタソっぽいですw
タミフル飲みやがれ

要点まとめ過ぎですがちゅっちゅしよう。
反応は気になりますけど・・・。

| Y.Moa | 2009/01/05 20:10 | URL | ≫ EDIT

風邪は「やられる」と思ったら負けだぜ。
そんなプラシーボで十数年無敗だぜ。
つまり私の遺伝子が風邪耐性に優れているのであり、ちゅっちゅしよう。
もうなんか反応できまくって書きたいことだらけの記事だけど、要点をまとめるとちゅっちゅしよう。

| よるにぢ | 2009/01/05 19:59 | URL |















←他の人には見せない

TRACKBACK URL

http://chaoticroom.blog94.fc2.com/tb.php/271-9cab61f5

TRACKBACK

PREV | 前後の記事 | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。